冬の澎湖のイベント12月編 - カリンの宿(花梨客棧) - 台湾澎湖島ポンフーで中国語留学&観光

カリンの宿(花梨客棧) - 台湾澎湖島ポンフーで中国語留学&観光

NEWS

冬の澎湖のイベント12月編

ここ数日天気もぐずつき気温も下がってきています。
もうすぐ本気の冬なのだなあと実感しています。

さて、今回も情報を大盤振る舞い。
冬の澎湖ですが、12月現在どんなイベントがありそうかを書いていこうと思います。

クリスマス

今年、澎湖ではクリスマスイルミネーションを飾るそうです。日にちは12/23からの予定。規模や場所については、現状不明です。
耶誕樹と書いてあるので、おそらくクリスマスツリーを中正路入り口に飾る感じになると思います。

↑2013年の様子

二興宮入火安座大典

二興宮は二崁にある廟です。二崁は、清朝時代の集落がそのままの形で残っていることで有名な観光スポットです。
最近廟の建て直しが行われていて、その間神様は別の建物のほうに移動しているのですが、廟が完成するため神様を廟に戻すというお祝い事です。
時期はだいたい年末ぐらいです。

年越しイベント

澎湖も年越しのイベントがあります。
毎年県政府の目の前にステージを設け、台湾本島から芸能人や歌手を呼んでイベントを行います。
そして、年越しカウントダウン後、新年になったら近くの建物の屋上から花火が打ち上がります。
今年もカウントダウンイベントのアナウンスが県政府からありましたので、例年のごとく今年も開催されると思います。
詳細がわかり次第またこちらかFacebookなどで記載させていただきます。

旧正月

今年の旧正月は1/28で、前日は除夕と呼ばれ、どの家庭も家で年菜と言われる豪勢な食事を食べます。
ですので、当日夕方には店はほぼ全て閉まります。開いてるのはコンビニと、マックなど、その他数軒ぐらいでしょう。
街中が一番静かになる1日と言えます。
そして、翌日旧正月も店はほとんどやっていません。
そんな旧正月の楽しみですが、
・1つ目は、毎年福建省から雑技団がやってきます。旧正月からだいたい3日間、昼と夜1回ずつ、無料で公演が見られます。
この時期の澎湖は本島で仕事をしている澎湖人が全て島に帰ってきているのと、特にやることがないことも重なり、客席は澎湖とは思えないほどごった返します。ですので、早めに席取りしないと良い席が取れません。
内容は昼も夜も同じなのですが、なかなか見ごたえがあり、リピートしても飽きないでしょう。
あのショーをタダで見れるというのはすごく幸運なことなので、是非見に行ってみることをオススメします。

更に運が良ければ、ショーに参加させられ、記念品の中国結びを得ることができます。
参加できる人は客席からランダムに選ばれますので、その年の運が試されます。

↑2014年にもらった記念品

雑技団についても、詳細がわかり次第こちらかFacebookなどで記載させていただきます。

・2つ目は、旧正月2日目ぐらいから、街中に夜市のような屋台が立ち並びます。
ここも、澎湖人でごった返し、熱気で溢れ返ります。これは冬でないと見れない光景だと思います。
街中の他に、去年は文澳の廟前広場にも屋台が並びました。
観光客が見ることのできないレアな澎湖が楽しめます。

元宵節

旧正月の15日目に、各廟で盛大なお祝いイベントがあります。
例年、各廟で米龜を作って祀ったり、運試しに聖杯投げ、摸彩券と言われるくじ引きなどを催すほか、屋台も並びますし、舞台を作って歌手やポールダンサー、喜劇やお笑い芸人を呼ぶ廟もあります。
私が毎年楽しみにしているのは、これらのほかに燈光秀(イルミネーション)、水舞秀(ウォーターショー)、武轎表演(電飾神輿)、乩童と呼ばれるイタコのような役割の人が神に乗り移られて暴れまわったり、爆竹の大量点火、花火などです。
元宵節の時期はだいたいどこも3daysぐらいで開催しているので、1日目はここ、2日目はここ…といったように、日ごとに行き先を変えてみるのがいいでしょう。
本島とはまったく違った元宵節を味わうことができますよ。
※管理人的には冬のメインイベントはこれだと思っています。。

食べ物編

冬に食べるものと言えば、
・薑母鴨(鴨の生姜鍋)を食べて体がポカポカになったり、
・燒仙草(仙草ゼリーを熱してトロトロにしたもの)を食べて体に良いことをしたり
・豆花も温めてみたり
・冬至に湯圓(おしるこに近いもの)を食べたり
・旧正月は年糕を食べたり
これらは、澎湖に限らず台湾全体に言えると思います。
あとは、火鍋ですね。火鍋は通年食べますが寒い時期は一段とおいしく感じます。

火鍋で一つおすすめしたいのが、羊肉爐です。
澎湖では羊肉を生産しているので、全ての店とは断定できませんが、新鮮な羊肉を使った羊肉爐を味わうことができます。
また、鍋に放り込む具材でおすすめなのは茼蒿(春菊)です。
澎湖の春菊はとてもおいしく、どの鍋に入れてもパワーを発揮します。
ですので、冬に澎湖に春菊を入れた羊肉爐を食べに来るのはなかなかの通ですよ。

そして、澎湖の風茹茶を温めて飲みましょう。
これも体が温まりますよ。

その他

澎湖の冬は風が強く、体感温度がぐっと下がります。
冬の服装は画像に写っている人達の服装を参考にしてください。

今回はこの辺で。
また何かイベントや、気づいたことがあれば記載しようと思います。


コメントを残す