カリンの宿(花梨客棧)

Month: 12月 2018

澎湖神々の夜宴澎南編 ~ 三官大帝水官聖誕と廟建て替え3周年イベント

だいぶ間があいてしまいましたが、去る2018/11/22。

当宿でも楽しみにしている武轎イベント(電飾神輿)。

今年は見られる機会がかなり多くてとてもうれしいです。

ただ今回は政府主催のものではなく、ちゃんとした神様の誕生日と廟の建て替え3周年によるお祝いです。

強風でしたが現場は大熱狂、大盛り上がりでした。

その様子を紹介いたします。

イベントについて

三官大帝水官聖誕と廟建て替え3周年イベント。

2つのお祝いを同時に行いました。

場所

風櫃の三官廟。

澎湖の南側の最西端です。

街中から距離は近いですが、行くとなるとかなり遠いです。

また、海沿いですので当然のごとく風が強かったです。

参加廟

今回は合計13台の神輿でした。

地方のイベントにしては、かなり多いです。

この規模だと相当盛大であったと言えます。

嵵裡水仙宮

鎖港北極殿

鐵線清水宮

興仁懋靈殿

重光威靈殿

山水上帝廟

風櫃溫王殿

案山北極殿

菓葉聖帝廟

龍門安良廟

潭邊東明宮

後寮威靈宮

外垵溫王宮

最後に

やはり地域のイベントですので、街中を練り歩く踩街とは違い爆竹も花火もバンバン打ち上げ放題で大興奮です。

最後に、動画でも当日の様子を撮影しましたのでシェアさせていただきます。

※機材トラブルで音声が録れなかったので他の音源を使用しております。


澎湖(ポンフー)のダブルハートを守る ~ 石滬修復イベント

こんにちは。
またしばらく更新が途絶えてしまいました。

最近は、天気の良い時や雨がぱらつくこともありますが、まだ本格的な冬にはなっていないなと感じます。

さて、先日石滬を修復するイベントに参加してきました。

以下はFacebookにも紹介している記事ですが、日本語訳も載せておきます。

当宿では今後もこういった澎湖の文化を大切にするイベントに積極的に参加できればと思っています。

=======
你知道除了七美雙心石滬以外
澎湖還有上百個石滬嗎?

但多數早已崩塌毀壞

深耕文化工作坊
離島。出走舉辦了一個很有意義的體驗活動

讓大家走向海邊
來到湖西潭邊村的新滬
一起動手來幫師傅修石滬~

訳:
澎湖を代表する景観の、七美のダブルハートは、もとは魚を捕る仕掛けとして利用されてきました。
この仕掛けは石滬(セキコ/スーフー)と呼ばれています。
澎湖には他にも数百個のハート(石滬)があることを皆さんはご存知ですか?

しかし、すでに壊れてしまっているものも多いのが事実です。

「深耕文化工作坊さん」では、先日とても意義のある体験イベントを開催しました。

石滬を専門の先生のもと修復する作業です。
湖西鄉潭邊村にある石滬をみんなで協力して修復しました。

石滬は地上から見るとあまりハートの形がわからないです。
なぜなら、想像以上に大きいからです。

つまり、修復には相当の時間を必要とします。

今回は修復完了とはいきませんでしたが、いつか完全に修復した姿が見られるときを楽しみにしています。