カリンの宿(花梨客棧) - 台湾澎湖島ポンフーで中国語留学&観光

授業の方法

教師紹介

オーナーのカリン先生の授業を例に見てみましょう。
・長年の教師経験があり、わかりやすい文法や単語の説明、また、教師としての責任感が強く、信念を持って教師という仕事に臨んでいます。
・人の良さ、性格の明るさ、会話の面白さは以前教えていた学校でも評判で、リピーターも数多くいました。(管理人もそのうちの1人です)
・日本語も上手なので、初心者の方も安心して授業が受けられます。
・台湾語にも対応。台南出身で、澎湖にももう10年以上住んでいますので、台南式、澎湖式どちらの台湾語も教えることが可能です。
・ピンイン、注音符號(台湾人が使うひらがなのようなもの)のどちらでも学習可能です。

レッスン方法

授業はマンツーマン(もしくは2枚1組のグループレッスン)で行います。使用する教科書は、實用視聽華語、當代中文課程です。もしくは持ち込みも可です。

授業には置き型のホワイトボードを用います。

ここでは、文法の説明を例に取って見ましょう。

カリン先生は逆さから字が書けるので、授業がスムーズです。

こうして文法の説明を行います。

文法を使った例文です。

このように、教科書に載っている文法を一つ一つわかりやすく説明してくれます。(画像では4冊目の「除非」という文法について説明)

おまけ

逆さから書いたドラえもんも上手です。