カリンの宿(花梨客棧) - 台湾澎湖島ポンフーで中国語留学&観光

管理人のつぶやき

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
Twitter,Facebook,LINEのほうでは挨拶させていただきましたが、今年もたくさんの素晴らしい方々との出会いを楽しみにしています。

最近聞いた話ですごく同感だったのは、澎湖の語学学校の先生は日本語が通じる人が多いから勉強しやすい、ということ。
確かに考えてみれば、台湾本島に勉強に来るのは日本人だけでなく他国の人達も多いわけで、そうなると先生に必要な言語は全ての言語ではなく世界共通語である英語で、それは台湾で流通している中国語の教科書もそうで、説明は全て英語です。

そう考えると、、、この先は秘密です。
今年もよろしくお願いします。


コメントを残す