カリンの宿(花梨客棧) - 台湾澎湖島ポンフーで中国語留学&観光

管理人のつぶやき

台湾語勉強してて思うこと

台湾語を勉強してて思うこと。

中国語勉強したことある人ならわかると思いますが、たいていの日本の方はピンインを使いますね。

それと一緒で、台湾語にもピンインみたいのあるんですよ。
でもそれが、2種類あって、白話字ってやつと台湾語ローマ字っていう2種類があるっぽくて
まあ多分どっちを使っても記載が多少異なるだけで中身は同じだと思うんですけど、
これを一生懸命覚えたところで台湾人はやっぱりこれらについても知らない人がほとんどなわけで
たとえば、「え、これってphainnの発音だっけ?」とか、こういう聞き方しても何のことか理解できないわけです。

台湾で日本人に中国語を教えている教師は、たいていピンインも使えます。
なぜなら、日本人のほとんどはピンインを使って中国語を勉強するから。
じゃあ、もし台湾人が日本人に台湾語を教えようというときに、この白話字やら台湾語ローマ字を覚える必要があるのではないか、と最近思い始めてきました。

なぜなら、台湾語は話し言葉だからいっぱい喋っていっぱい聴くしか勉強方法はないというのが台湾人のおおよその総意といっても過言ではないのですが、実際それでは台湾語の解読や今後の台湾語教育に差支えがあるためこういったローマ字での解釈などが行われているんですよね。

なので、学問という視点から考えれば、教師としてそれらの教えるためのツールを身につける必要があるのではないかとそう思います。

で、私が今やってるのがこのツールの情報の回収と日本人用のカスタマイズです。
上記みたいな、phainnとか、見てもどういう発音かピンと来ないですね。

私がツールをカスタムして、日本人向けに作るということは、結局のところ私が日本人に台湾語を教えられるようになる、ということですね。
道は長い。


コメントを残す