カリンの宿(花梨客棧) - 台湾澎湖島ポンフーで中国語留学&観光

澎湖交通情報

交通ルール

右側走行です。これが日本と大きく違うところです。
日本と違い、罰金が安いのと警察も取り締まりをほとんどしないため、あまり交通ルールに厳格ではありません。
信号無視、2段階左折無視、逆走、後ろを確認せずの割り込み、赤黄点滅信号で減速しない、ヘルメット不着用
極端にスピードの遅い車、速い車、4人乗りバイク、犬乗りバイクなどに遭遇する確率が非常に高いため注意が必要です。

バス

バスは島内を走っていますが、たいてい1時間に1~2本しかありません。
また、車内に次の停車場所などを知らせてくれる電光掲示板もありませんし、バスも時間どおりにこないことが多いです。
地元民は無料で乗れますが、観光客は有料で、支払いをちょうどで済ませないとお釣りももらえないことがあるため、ほぼ地元民向けのサービスと考えるのが良いです。

タクシー

メーターを積んでいないため、全て運転手の言い値です。
利用する際は、目的地を伝えていくらか最初に聞いて、必要に応じて値下げ交渉するのが良いでしょう。
空港で待機しているタクシーは、特別な許可があるのかわかりませんが、街中を運行しているタクシーに比べて割高です。

バイク

島で生活をするための最善の方法です。
レンタルバイクは1日300元程度でレンタルできます。
一般の台湾人が乗っているのは125ccのものが多いです。
これは、日本と台湾の免許制度の違いや文化の違いによるもので、たしかに125ccのほうがスピードも出ますし、荷物もたくさん積めます。
2人乗りも窮屈でないので非常に便利です。
管理人は台湾で125ccに乗るために日本に戻り中型免許を取得したほどです。

ちなみに、運転には免許の中国語翻訳が必要です。
台北か高雄の交流協会、日本のJAFで発行できますが、料金は台湾で発行したほうが安いです。

自転車

島で自転車を購入して、あちこち周る、という方を数人見かけました。
さすがに、島の先端までとなると片道3時間以上かかりますので、自転車の運転に慣れている方以外にはなかなか辛いものと思います。
ただ、市内に買い物や、ちょっとした近所の海岸まで行くのには非常に便利です。
当宿では自転車の無料貸し出しを行っていますので、どうぞ気軽にご利用ください。

バイクで心地よい風を受けながら夏を堪能するのも捨てたものではないですが、レンタカーという方法もあります。
普通のセダンで1日2000元かからない程度で借りられます。
日焼けが気になる、冷房に当たりながらドライブしたい、ゆっくりくつろいで会話しながら観光したい方はレンタカーをオススメします。

駐車場・駐輪場

観光地には観光バス向けの立派な駐車場が存在しますが、街中にはほぼありません。
道路の脇にラインが敷いてあり、赤と黄色線のところには基本的に駐車駐輪は不可です。取り締まりの対象になります。
ですので、食事時に誤って駐車禁止の場所に駐車してしまわないようご注意ください。
お宿の付近には、白線の駐車可能な場所がたくさんありますのでレンタカーをご利用の場合そこに駐車できます。
また、バイクは宿の前のスペースに駐輪することができます。